スポンサードリンク

何度も名刺を渡してみる

一般的には名刺は初対面の時に渡しておしまい、というのが常識です。

その後、名刺交換をした相手とは既知の間柄として、会話や挨拶を行ないます。

しかし、特に沢山の名刺をもらうような立場にある方に多いのですが、
全く持ってこちらの名前を覚えていただけない事があります。

そんな時、その相手にどうしても名前を覚えてもらいたい場合、
会う度に名刺を渡すのです。

怪訝な顔をされてもひるみません。

そうして渡し続ければ、確実に名前を覚えてもらえます。

セールスマンの方は是非やってみましょう。

一度名刺渡したけど、名前覚えてもらえなかったという状況は、
その後その状況から一歩踏み込む事で、悲しい出来事から、
相手の懐に深く踏み込む事の出来るチャンスに変わるわけです。

このポジティブな発想は他の営業での様々な面で活きて来ますよ。

スポンサードリンク