スポンサードリンク

情報活用術

初めて顔をあわせるときでも、出来る限り沢山の情報を仕入れて臨みましょう。
そして、話の端々に仕入れた情報を挟み込みながら会話をするようにします。

出身地や出身校などの情報も一つです。

誰でも郷里や出身校には愛着を感じています。

そんな郷里や出身校について、知ってくれていると、
やはり心の壁もすっと下がります。

誰だって自分について知ってくれている、というのは気分が良いですよね。

関心を持たれる、という事はその人の自尊心をくすぐり、親近感を湧かせる効果があります。

どうやってそれを調べるか、が問題ですが、
社会的地位の高い方であれば、名前でインターネット検索などをしてみると、
様々な活動が経歴が調べられる。

もちろんそうでない人でも、プライベートでの活動などが調べられるかもしれません。

また、取引先の役員や部長などに初めてお会いするような場合には、
親しくしている担当者の方に聞いてみても良いでしょう。
勿論、お会いした後には担当者の方にきちんと事後報告しておきましょう。

これで、あなたとあなたの名刺のインパクトが飛躍的に高まりますよ。

スポンサードリンク