スポンサードリンク

名刺を情報源にしよう!

初対面の相手と名刺交換をした場合、相手に関する情報を商談後にその名刺に書き込みましょう。

覚えておける、という方もいるかもしれませんが、人間の記憶ほど曖昧なものはありません。
必ず書き込むことをお勧めします。

どんな内容を書き込むかというと、会った日時、場所、話の内容などの基本的な事項に加え、
相手の個人的な情報が大切になります。
知りえたものは全て書き込みましょう。例えば「ゴルフ好きでベストスコアは82」、「本格的な家庭菜園が趣味」など。
こうした趣味の分野に関する情報は確実に役に立ちます。
相手が読んでいそうな雑誌や情報に目を通しておいて、
その感想などを商談冒頭に切り出してみたりすると、相手が一気に親近感を持ってくれたりもします。
その結果商談もスムーズに進みます。

また、どなたかに紹介をして頂いて、お会いした方に関しては、
その紹介者の方の名前も書き記しておきましょう。
人間関係の輪郭も分かりますし、紹介者の方へお礼や報告を継続するのにも使える。

スポンサードリンク