スポンサードリンク

念のための分散収納

人間誰しも「うっかり」はあります。
大切な取引相手と名刺交換の時に、名刺入れを取り出したら名刺が切れていた!なんて事があります。

あるいは、名刺入れの中身にはしっかり気を配っていたのに、名刺入れそのものを忘れてしまったり、
予想していない紹介があって、名刺が足りなくなったりということも考えられます。

そうした状況でも、名刺を渡せるようにしておく事が大切です。
手帳、財布、定期入れなど、名刺入れ以外にも名刺を複数枚忍ばせておきましょう。
いざ、名刺がきれていたり、名刺入れを忘れたとしても、慌てずに分散収納先から取り出して、
相手に渡す事が出来れば、それが評価される、なんて事もありますよ。

スポンサードリンク