スポンサードリンク

一時期流行したご縁名刺

一時期営業マンが使う名刺で名刺の真ん中に5円玉を印刷して、渡しながら相手の目を見て「ご縁がありますように」と言いながら渡す、ご縁名刺が話題になりました。最初にこれを始めた営業マンは大変好評で、受注成績を大幅にアップさせた、というのが発端です。あまりに広まり過ぎて効果が薄れてきた頃、ある生保のセールスマンが更に一工夫を加えた名刺で、再び好評を博しました。それは名刺の表に10円玉を貼り付けて、「ご縁にご縁を重ねる重縁(10円)のお電話料です」と書いておくという方法でした。どうしても相手から連絡を頂戴したいという熱意の表れをうまく名刺に託した結果、トップクラスの契約率を誇ったそうです。ただの名刺も使い方次第で仕事の成果を変えられるかもしれませんね。

スポンサードリンク