スポンサードリンク

名刺の起源

名刺の起源は中国だと言われています。すでに7~10世紀(唐の時代)の書物の中で登場しています。当時は訪問先が不在のときに木や竹の札に自分の名前を書き、戸口に刺して訪問したことを知らせてたようです。その木や竹の札を「刺」と呼んでいたとから「名刺」という呼称となりました。他にも、官僚社会では地位のある人にお会いする際の取り次ぎとして用いたり、何かの正式な席に欠席しなければならない場合にも挨拶代わりに使用していたようです。また余談ですが、この頃は賄賂が盛んで、純金の板に名前を彫って贈ったともいわれています。昔も今も官僚社会とお金の問題は切ってもきれないようですね。

スポンサードリンク